日本大学脳神経外科ナーシングセミナー

毎年、日本大学医学部付属板橋病院の「日本大学脳神経外科ナーシングセミナー」に苑田会の研究グループ(今年は苑田第一病院と竹の塚脳神経リハビリテーション病院)が招かれて、研究発表をしています。長い時間をかけて取り組んだ研究の成果は、互いに共有し合うことで実を結ぶと思います。
看護研究は、例えるなら登山でしょうか。登山(看護研究)と聞くだけで、だめな人もいますが…目指す頂(テーマ)とルート(研究計画)さえしっかり立てれば、後はひたすら歩くのみ。途中険しい道(データ収集)もありますが、頂きに近づく(データ分析)ときれいな景色(成果)が見えてくる。登頂(論文完成)したときの喜びは、一言では言いようがありません。下山(研究発表)で苦労することもありますが…一度成功すれば、またやってみようという気持ちにさえなります。
当院でも、来年の研究発表(苑田会の症例発表会)に向けて、取り組みが始まっています。研究を支援する体制作りも整えていく予定です。
20140925

Comments are closed.